【筋肉縮小が低価格で実現】エラの張りはボトックス注射で改善

構造を知り尽くしています

鏡を見る人

医師が選ぶ薬剤と注入場所

手軽に表情筋を修正するには、ボトックスエラという注射による施術が有名で、施術時間やダウンタイムも短い特徴がありまます。ポイントは複数の筋肉を縮小させてすっきりとした輪郭になれるという点で、ボトックスエラで変化する代表的な筋肉だと咬筋が該当します。咬筋は物を食べるだけでも筋肉を鍛える事になり、動作関係の密接な頬筋や笑筋も鍛えられていきます。これらの鍛えられた筋肉はボトックスエラが最も効果的に縮小できるので、スマートな顔になるための施術ではボトックスエラに人気が集中する傾向があります。この様に筋肉の関係性を調べれば、1箇所にボトックスエラを注射するだけで、フェイスライン全体を修正する事さえできます。一番人気のある注入場所は咬筋に隣接する筋肉と、エラの形状に関係している口角下制筋周辺です。筋肉の膨張が激しい場合はこれらに加えて、下唇下制筋や口角挙筋に対してボトックスエラを注入する事例が人気治療法です。注入施術なのでメスも使わず、術痕も残らないため受診希望の人口推移は比較的、美容整形初心者に集中している傾向があります。初心者の中にはボトックスエラの効果を試験的に体験するために、20単位程の少ない注入量で受診希望を出す方法が人気です。20単位でもボトックスエラの効果は半年以上続く事も多く、費用も2万円以下と予算計画を立てやすい価格な点も人気を呼んでいます。合わせて受診機関の中には、使用するボトックスエラが外部機関の承認を受けている物を使用しているので、人気の集中する受診機関もあります。さらにボトックスエラに使う薬剤は、公式の機関でライセンス取得の試験を行っているので、ライセンスを取得している医師にも人気が集まります。ライセンス取得者の医師の施術方法は、施術前の麻酔クリーム塗布や施術後のデザイン提案をしています。デザイン提案ではCGを使った施術後の自分の顔を提示し、患者の理想結果との違いや一致点を模索していきます。この段階で納得いく結果にならないと医師の施術は行わないので、確固たる理想の提示ができる点も人気の秘密として有名です。こうして施術が終わったらアフターケアを行いますが、この施術は受診後の注意点はほぼ無いに等しいのが現状です。施術後はそのままメイクもできますし、強い刺激を与えなければお風呂やシャワーにも入れるので、綺麗を求める女性の人気を独り占めしています。その後2週間程経過すると注入した場所と周囲の筋肉が縮小していき、視覚的にも顔がすっきりとした形状になります。

Top