【筋肉縮小が低価格で実現】エラの張りはボトックス注射で改善

効率重視の技術です

カウンセリング

安さも効果も完璧

アンチエイジングの一環として美容整形の受診を望むならば、エラに対するボトックス注射が一番コストパフォーマンスが高くお勧めです。費用の根幹になっている部分は使用する薬剤のボトックスのみで、アフターケアもアイシングのみなのでほとんど費用は発生しません。受診前のこの手軽な施術という印象は、カウンセリングに訪れて説明を受けた後も崩れず、さらに人気が上がるという事態になっています。さて主な費用を構成している薬剤についてですが、エラを修正する場合は咬筋への注入事例が多く、この場合は5万円前後の費用になります。目的は咬筋と繋がっている大頬骨筋と口角下制筋の縮小で、これらの筋肉は最も効果的にエラを修正できると人気の注入場所です。またこれらの筋肉はボトックスで筋肉を縮小しても、他の筋肉によって口元を動かせるので、生活に影響がでないと評判です。口元を動かすだけでこれらの筋肉は膨張していくので、人によっては60単位程のボトックスを使用しその場合は費用も7万円前後になります。しかし理想のエラ修正を叶えるならば、咬筋を含めた狭い範囲に対してボトックスを注入する方法も人気です。この場合もボトックスの注入量は筋肉が膨張している人と変わらず、60単位程なので費用も7万円に落ち着くというメリットが注目されています。大事をとって口の動きを最適化した状態での施術を望むならば、内側翼突筋と外測翼突筋へのボトックス注入がお勧めです。この施術でもエラをスマートなラインにできるので、医師と相談しどの注入場所が自分の理想に近いかを分析してもらいましょう。注入場所が決まったら次に使用するボトックスの種類を決めていく事になり、ここでも費用に違いがでてきます。一番初めに開発されたボトックスの場合は、効果の高さが好評で10単位で2万円前後の相場状況を整えています。これは世界の外部承認機関でも承認されているので、安全性という観点からの人気を端から集めるようにして獲得しています。反対にジェネリックに分類されるタイプは、エラへの効果を最適化した上で完成されているので、即効性の観点から人気を不動の物にしています。費用相場は10単位当たり1万5千円以下と手の届きやすい費用構成なので、幅広く美容整形の敷居を低くする人気になっています。平均的なエラへの注入量で換算するならば、どのボトックスも効果が凡そ半年近くと長期間継続するので、評判も高いレベルで平均化されている特徴があります。

Top