【筋肉縮小が低価格で実現】エラの張りはボトックス注射で改善

治療はいつでも大丈夫です

ナース

スマートを体感する原理

反復運動を繰り返すと筋肉は膨張していき、反対に使っていないと筋肉は縮小していき体のラインも細くなっていきます。この原理を利用してスマートな顔になる治療法をボトックス注射と言い、体の部位の中ではエラに対して行う治療事例が多くあります。エラにボトックス注射をした後は一時的に咬筋が使えなくなりますが、筋力を使えない状態なためそのままにしておくと筋力が徐々に縮小していきます。ボトックス注射の効果は個人差がありますが、エラの筋肉が発達していればいるほど注入後の顎のラインがスマートになります。なので治療において手遅れという事態にはならないため、まずは一度医師に相談し施術の詳細な計画を聞いてみましょう。初めてボトックス注射を受診する人は、注入後の顔のシミュレート結果を見せてもらえる病院がお勧めです。そこから自分の理想の顔と提示されたシミュレート結果の相違をすり合わせていき、最終的にエラのどの部分に注入するかを決定します。決定段階には料金の概算も行われ、相場としては1箇所1万円程の費用で予算を用意しておけば困る事はありません。ただしエラの広範囲に注射する場合はボトックスの注入量も多くなり、費用も最大で3万円前後になる可能性があります。使用量の目安としては1万円の場合は40単位の物が使われ、3万円前後になると60単位のボトックスが使われています。それぞれ効果も半年から1年と幅があるので予算と医師の判断で、どの料金プランが最適か吟味していきましょう。提示された注入量の単位が多いとそれだけ咬筋に対する縮小効果も強いと把握しておけば、最適なプランを選択できるのでお勧めです。注入後はかみ合わせに若干の違和感がありますが、日常生活に影響を及ぼす程に咬筋は縮小しないので食べ物も普段通りに食べて大丈夫です。ただ注意点としては注入後の当日にお風呂やシャワーを避けて、ボトックス効果が長期間続きやすくなる体内環境を用意してください。そうすれば1週間前後の期間をかけて徐々に咬筋が縮小していき、2週間以上経過するとスマートな顔になれます。合わせて初めての施術の効果期間が終了し再受診した時に、同じ効果が表れる可能性は前回よりも低い点を留意してください。ボトックスは期間を置いても、連続使用していく過程で体内に抗体が作られる特徴があります。ボトックスの再受診を検討する時には、抗体のできにくい物を使用している機関で受診してください。海外で生産されているボトックスには抗体作成を抑制するタイプが多いので、その情報を元に受診機関の選択をお勧めします。

Top